カリフォルニア州に拠点を置くPerceptInが本社を移転し、インディアナ州において自律走行車両のR&Dを加速

インディアナ州経済開発公社(IEDC)

2019.11.21

フィッシャーズ市のEnergy Systems Network社と提携して、自律型マイクロトランジットのパイロットプログラムを開始

インディアナ州フィッシャーズ(2019年11月21日)– 自律走行ソリューションに特化したビジュアルインテリジェンステクノロジー企業であるPerceptInは、カリフォルニア州からインディアナ州にグローバル本社を移転し、2022年の終わりまでに、新たに最大160の高賃金の雇用を創出する計画を発表しました。

Eric J. Holcomb知事は「州として、私たちは全面的にイノベーションを促進するエコシステムの構築に焦点を当てており、PerceptInのような企業が将来に向けた製品を開発できるようにしていきたい」と述べました。「グローバル本社をインディアナ州中部に移転するというPerceptInの決定は、州の成長促進ビジネス環境とイノベーションへのコミットメントの証であり、私たちの州を本拠地として選んだことに感謝しています」

カリフォルニア州サンタクララに本拠を置くPerceptInは、600万ドル以上を投資し、Indiana IoT Lab-Fishersにグローバル本社を設立します。まず450平方フィートのオフィススペースを確保し、Indiana IoT Labの25,000平方フィートの研究施設を活用してスタートし、今後数年間でスペースを大幅に拡大する計画です。2020年初頭までに完全に移転する予定の新しいスペースにより、PerceptInは自律型の低速電気自動車(LSEV)のテストとデータ収集を開始し、北米の顧客ベースを増やすことを目指します。

「本社をインディアナ州に移転することを非常に楽しみにしています」と、PerceptInの最高経営責任者であるShaoshan Liuは述べています。「インディアナ州の、テクノロジーセクターの成長と強化へのコミットメント、そしてビジネスに優しい環境と協力的な産業パートナーシップの存在が、ここを選んだ理由です。「さらに、私たちはフィッシャーズで自律型マイクロトランジットサービスを展開し、州全体で存在感を高め、それが他の州にとっての、先進技術を活用して公共交通システムを改善する事例となることを楽しみにしています」

この取り組みの一環として、PerceptInは、フィッシャーズ市、Central Indiana Corporate Partnership (CICP)のエネルギーおよび輸送技術を推進するEnergy Systems Network (ESN)、そして地元のステークホルダーと協力して、同市のマイクロトランジットのニーズに対するソリューションを特定するためのパイロットプログラムを開発し展開します。このプログラムでは、毎日Indiana IoT Labからフィッシャーズのダウンタウンに乗客を運びます。

「2017年にインディアナIoTラボを立ち上げたとき、まさにPerceptInのような会社が、私たちの都市をハイテクの主要都市としてさらに推進するということを念頭に置いていました」とフィッシャーズ市長のScott Fadnessは述べました。「フィッシャーズは起業家のために作られた都市です。輸送技術の未来のために、私たちは喜んで、このパイロットプログラムと、フィッシャーズの最新の会社であるPerceptInを支援します」

PerceptInは今後もサンタクララオフィスを維持します。また、日本と中国に拠点を持ち、世界中に40人以上の従業員を雇用しています。会社のさらなる成長のために、PerceptInはエンジニア、アナリスト、技術者の雇用を開始します。興味のある方はオンラインで応募することができます。

2016年にLiuが設立しました。Liuは、ロボット工学および自律走行に関する150以上の米国および国際特許を取得しています。自律型LSEVをマイクロトランジットサービスとして展開することにより、PerceptInは、米国各地の地方自治体の輸送予算を削減すると同時に、ユーザーエクスペリエンスを向上させることを目指しています。

本日の発表は、ESNによる最近のレポートと同様に、急速に進化する先進的なモビリティセクターと、その、トランジットバスなどのさまざまな交通手段への影響に着目しています。PerceptInのような自律走行ソリューションは、さまざまなモード、プロバイダー、使用モデルを統合して移動を改善する「モビリティ・アズ・ア・システム」の取り組みの成長に貢献します。

「PerceptInの自律輸送サービスは、モビリティ・アズ・ア・システムの将来をさらに促進すると同時に、今日の輸送を強化する可能性があります」とESNのモビリティディレクターであるMatt Peakは述べています。「ESNは、PerceptInのフィッシャーズへの移転を推進したことを光栄に思っています。この革新的なソリューションを実証し、前進させ、州の企業とセクターを成長させるために、両当事者と協力することを楽しみにしています」

本社をインディアナに移転するという同社の計画に基づいて、インディアナ州経済開発公社(IEDC)は、PerceptInに、最大46,500ドルの本社移転税額控除を提供しました。さらに、会社の雇用創出計画に基づいて、最大3,553,500ドルの条件付き税額控除も提供しました。これらの税額控除は実績ベースです。インディアナ州の住民が雇用されると、会社はインセンティブを請求することができます。フィッシャーズ再開発委員会は、Indiana IoT LabとPerceptIn間の合意を11月25日に承認する予定です。

原文へのリンク

©COPYRIGHT 2020 PerceptIn  ALL RIGHTS RESERVED